仏事百科

仏教、神道、仏事、神事、仏壇・仏具のあれこれ、選び方、厳選品の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏具の知識

お寺でも仏壇でも道具として必要なものが「仏具」です。ローソク立てや線香立てなどを言いますが、少し細かくお話致します。


花立、線香用香炉、ローソク立てなどの仏具を具足(ぐそく)とも言います。
金属製(鋳物)と瀬戸物製、黒檀やケヤキなどの木製があります。


← 一例(正式な浄土真宗を除く)
上記の具足は3点で構成されているので「三具足」(みつぐそく)と言います。花立とローソク立てが一対になると五具足(ごぐそく)と言います。三具足は五具足の略式ではなく正式な道具です。
仏壇の大きさ・スペースによって変わってきます。


上の写真のような花立(花瓶)は内側にコールタール加工してある物は水を入れて切花を差す事は出来ますが、花に比べて小さい事と稀に水漏れしますので生花用の花瓶は瀬戸物製など別途ご用意される事をお奨めします。上記花立は金蓮華や造花専用とした方が良いでしょう。


※厳密には線香用香炉ではなく本尊の前に置くお香(抹香)用の蓋付きの香炉(玉香炉と言います)が入るのですが、玉香炉は飾りとして実際に使用されない事が多いので、現在は線香用香炉(上の写真中央、前香炉と言います)を代わりに入れて三具足、五具足としています。


浄土真宗の場合は関東以外だと金箔を貼った漆塗りの仏壇(金仏壇)が多いので、真宗大谷派(お東)では仏具も金色です(下図参照)


                  
お東用(写真は三具足です)                お西用
(写真は五具足です)


線香用の香炉・・・お東は青い透かし香炉(灰を入れる器の外側が透かし模様になっている香炉)でお西は土香炉(つちごうろ、青磁製の模様の無い香炉)です。線香は立てずに寝かせます。上記写真中の真ん中はどちらも玉香炉です。上記は真宗の正式な仏具です。


その他宗派問わず必要な仏具は
金常花(金蓮華、金属または木製の造花だが浄土真宗では不使用)、線差し(線香差し)、マッチ消し(マッチの燃えカス入れ)、ローソク消し(ローソクの火を被せて消す。吹き消してはいけない為)、おリン(鐘)、リン棒吊り灯篭(上から吊る灯篭、電気が付く)、瓔珞(ようらく、吊リ下げる飾り)、高杯(たかつき、丸い供物台)、仏器(ぶっき、ご飯を盛る高盃型の器)、茶湯器(ちゃとうき、お茶を入れる器)、仏器膳(ぶっきぜん、仏器、茶湯器をのせる台。スペースによって省略可)などです。他に過去帳(故人の戒名、俗名、死亡年月などを記載する帳面。位牌の知識参照)、見台(けんだい、過去帳を乗せる台)、木魚(日蓮宗では杢鉦(もくしょう、中が空洞になっていない木製の丸いもの)を使います)、経机(きょうづくえ、仏壇の前に置く台でお盆などの時にも必要)、霊具膳(りょうぐぜん、少し大きめのお膳で5つの椀から成っています。お盆、お彼岸、命日などでご馳走を差し上げるのに使用します)などです。

あった方が便利な仏具は
灰ふるい(線香の燃えカス等をふるうもの。便利!!)、灰ならし(前香炉の灰を平らに均す)、
乾電池式または電気式ローソク(火を使わないので安全)、毛ばたきなど


真宗ではりん灯(明かり)、りん灯瓔珞(りんとうようらく、瓔珞の下にりん灯を付けたもの)、
華鋲(けびょう、本尊の前に飾る小さな一輪差し。一対)、火舎香炉(かしゃごうろ、本尊の前に置く抹香用香炉)などです。


関東では厳密にされる方は少ないです。真宗でも金仏壇ではなく唐木仏壇を好まれる方が多いです。仏具も真宗用ではなくどの宗派でも使える仏具を使用するケースが多いです。


選び方としては、仏壇の大きさに合った物で結構です。鋳物仏具では一番上の写真のように象嵌を施した物もありますが、無いものもありますので好みによって選んでください。いろいろな形した仏具がありますが「八宗用」であれば問題ありません。
仏具付で仏壇販売しているお店も多いので、仏具が気に入らなければ交換を申し出て頂いて構いません。付属仏具の金額と開きがある場合は差額を支払えば大丈夫です(はずです)

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。